新型うつ病で悩む人が急増【上手くいかない生活を劇的改善する治療】

看護師

現代人のメランコリー

カウンセリング

社会への過敏な拒絶心

新型うつ病という、現代人の精神の病が、最近流行っています。非定型うつ病とも呼ばれ、本来のうつ病と異なる特徴をもっています。典型的うつ病と新型うつ病は、よく似ている症状なのに、性格形成や行動のパターンが違います。この新型うつ病は、20代〜30代に多くみられ「甘え」という人もいますが、どこまでが病気でどこまでが甘えなのか、その線引きが難しくなっています。従来のうつ病は、几帳面で責任感が強く、他人への思いやりがあり、実直な人が発症する要素が高いとされていました。しかし、新型うつ病は「学校や職場が辛いから行きたくない」「休日は楽しく過ごせる」「落ち込んだりうまくいかないのは学校や職場のせい」といった、嫌いなことや嫌なことに過敏に反応するタイプのうつなのです。ささいなことでうつ症状が出てしまうため、ストレスに耐える力が乏しくなっているのでしょう。このようなことから、仮病や甘えと捉えられがちですが、本人はうつの症状が出ていて苦しいのです。周囲の人が軽んじることのないよう、従来のうつ病と同じように、おかしいと思った時は専門医に診察を受けさせましょう。

目標を持って生きること

従来型うつ病の場合は、ゆっくり休養し、周囲の人は励ましたりせず、本人を追い込まないようひたすら休ませ、抗うつ剤などの投薬治療も重要です。しかし、新型うつ病の場合は、充分な休養や、抗うつ剤などの治療があまり有効ではありません。休養ばかりさせず、行ける日は出来るだけ学校や仕事に向かわせることです。規則正しい生活で、体内リズムを整えさせ、身体や心を覚醒させましょう。好きなことばかりさせていると、イライラが募り、爆発の回数も増え、全て他者のせいにしてしまいます。新型うつ病の本人とは、適度な距離を保ちながら、少しだけ励ますことも必要です。マイナス面を指摘するようなやり方は避けましょう。新型うつ病の人は、自分を傷つける人を、過敏なほどに拒絶し攻撃します。嫌なことから「病気」という理由で逃げてしまい、引きこもってしまいがちなので、重症のトラウマ化にならないよう、周囲の人が配慮しなければなりません。心療内科などのカウンセリングを受け、日常生活は維持させ、時間をかけて一進一退を繰り返しながら少しずつ治療経過をみてゆきましょう。

病気のタイプを知る

女医

うつ病は一日中気分が落ち込むなどの症状が出ますが、新型うつ病の場合は休日などは元気に過ごすことも多く周囲からは怠けているなどと見られて理解されにくい傾向にあります。治療は薬物のほかにカウンセリングや認知療法なども効果的です。

View Detail

誤解されやすい

悩む男性

新型うつ病は、職場関係者に理解していただけなくて誤解される病気です。仕事中は、やる気が起きなくて症状が出ますが、プライベートでは、元気になります。その行動が理解し辛く誤解が生じます。治療をして将来の為にも治しましょう。

View Detail

新しいタイプのうつ病

医療

気分が沈み日常生活にも支障の出る精神的負担の大きいうつ病ですが、最近では従来のうつ病の定義に当てはまらないけれど、それと似た症状が出ることがある新型うつ病と呼ばれる症状がみられる若者が増加しており、話題になっています。

View Detail

増加している病気

ハート

最近増えているのが新型うつ病です。従来のうつ病と違うのは、自分の好きな仕事や趣味をやる時には元気になる点です。周囲からは怠けていると見えることがあります。原因は社会的ストレスや本人の生い立ちや性格などが考えられますが、とにかく休養させて専門医の治療を受けさせることが第一です。

View Detail

心の病の治療

ナース

新型うつ病は、今までのうつ病とは違い、会社などでは気分が滅入っているのにプライペートになると元気になり、感情の起伏が激しいのが特徴です。そして、新型うつ病は、怠けや甘えではなく心の病だと理解した上で、早期の診察と治療、そして周囲の理解を得ることが重要です。

View Detail