新型うつ病で悩む人が急増【上手くいかない生活を劇的改善する治療】

喜ぶ

新しいタイプのうつ病

医療

繊細な心

新型うつ病とは正式な専門用語の病名ではありませんが、うつ病とは違うけれど、それに似た症状の出ることのあるケースを新型うつ病と呼ぶことが増えてきています。その症状のおもな特徴としては、若い世代に多い傾向があり、自分を責めるのではなく周囲に原因があると考える傾向があります。そして原因となっている仕事をしている時に症状が出ますが、そうでない時は普通に日常を送ることも可能です。それゆえに理解のない人からは甘えやわがままだと勘違いされることもありますが、実際にはストレス社会が生み出した現代病の一種だと言えます。また自尊心が強くて傷つきやすい繊細な心を持った人が発症しやすい傾向にあるために、甘えと勘違いして厳しく叱責したりすると、ますます症状が悪化して仕事に対する能力も低下してしまい、最終的に辞職してしまい、転職しても同じことを繰り返す可能性がある恐怖心もあることから、そのまま療養に専念するというケースも目立ちます。そのためにも上司は部下に負荷をかけないよう、配慮して接する必要性があります。

特徴と治療

新型うつ病は今までのうつ病とは傾向が異なるために、まだ現状では画期的な治療方法などもとくに定まっていません。しかしこのような症状に悩む若者は増加傾向にありますので、今後の社会的な課題とも呼べる分野でもあります。そんな新型うつ病に対する現段階での治療としては、医療機関ではカウンセリングなどによる根本的な原因の解決や、一般的なうつ病同様に薬物療法などを中心に実施されています。また生活リズムを整えて、出来る限り日常生活を継続するといったことなども推奨されていますが、このような対処方法で症状が軽減したとしても、仕事に復帰したらまた症状出てしまい、結局改善されることなく元通りになってしまうこともよくあります。そのためにも新型うつ病に関しては、上司などの周囲の理解がとても重要となります。しかし今の社会状況ではそういったことは難しく、それが得られないような場合は、思い切って今とは異なるタイプの仕事に転職するなどして、原因から離れた方が患者のためにもなります。