新型うつ病で悩む人が急増【上手くいかない生活を劇的改善する治療】

喜ぶ

病気のタイプを知る

女医

新しいタイプの病気

心の病と呼ばれる病気にも多くの種類がありますが、なかでもうつ病は特に有名な病気のひとつです。こうした病気になると気分の落ち込みが長く続く、やる気が起きない、悲観的になるなど様々な不調が出てきます。通常は気分が落ち込むことがあっても短期間に自然と回復することが多いですが、うつ病の場合はそうした回復が得られないことが多く、薬物治療や認知療法などで改善を目指していきます。そしてうつ病と呼ばれる症状も人それぞれ違いがあり、最近では新型うつ病も話題となっています。新型うつ病の特徴は20代などの若い世代に多い症状で学校や職場ではつらい症状が出るにかかわらず、学校や職場に行く必要のない休日などは趣味などに打ち込み元気に過ごしていることが多いことがあげられます。それゆえに周囲からは単に甘えているだけ、怠けているだけに見られがちです。一般的なうつ病とは違い、本人が悩んでいる、苦しんでいるにかかわらず、周囲からの理解が得られにくいということも新型うつ病の特徴です。

改善の方法を知る

新型うつ病を改善していくためには病気の特徴をよく理解しておくことも大切です。こうした病気になると昼夜逆転などが起こりやすくなります。そして生活のリズムが乱れたままになってしまうと憂鬱などの症状が悪化しやすい傾向にありますので、規則正しい生活をし、昼間はしっかり活動しておくことも大切です。定型うつ病とはまた違うタイプですので、周囲の接し方や治療方法も変わってきます。定型うつ病の場合はしっかりと休息をとることが大切ですが、新型うつ病の場合もある程度休息は必要なものの、適度に頑張ること、目標を持って行動することも大切です。治療では薬物を利用することもありますが、認知療法、カウンセリングなどの精神療法も合わせて行うとさらに良い改善を期待することができます。新型うつ病の場合は過食が多くなる傾向にあり、特に甘いものを食べたがる傾向にありますので、太りすぎには注意が必要です。定型うつ病が朝から午前中にかけて特に憂鬱になるのに対し、新型うつ病は夕方から夜にかけて気分が落ち込むことが多く、こちらも見分けるポイントとなります。