新型うつ病で悩む人が急増【上手くいかない生活を劇的改善する治療】

喜ぶ

心の病の治療

ナース

ストレス社会において、心は悲鳴をあげています。精神科や心療内科に受信する人も多くいます。そんな中で、今までのうつ病とは異なる新型うつ病が20から30歳代の男女に多くみられるうつ病がここ数年増加しています。新型うつ病は従来のうつ病とは異なります。従来のうつ病は、気分が落ち込んでいて何事に対しても気分がのらない、興味関心がない、自分を責めてばかりいる状態となっています。しかし、新型うつ病は、会社や職場では、気分が落ち込んだり、滅入ってしまうのですが、自分の好きな友達やプライペートになると今まで気分が滅入っていたのが嘘のように元気になるのです。1日の中で感情の起伏が激しいのも特徴の一つです。仕事をしていても同僚と話しているときは普通なのですが、上司から仕事を依頼されたり、注意されたりすると一気に気分が落ち込んだり、イライラしてしまったり、ものや人にあたったりと気持ちの波があるのです。新型うつ病は、他人の目を気にしやすい人がなりやすい傾向にあります。幼い頃から良い子とずっと言われ続けている人が多いです。それは、常に他人がどう思っているか気になる性格となっているケースが多いからです。

そんな新型うつ病は、うつ病の一つだと理解することが大切です。若い世代の怠け、やる気のなさという風に思われがちです。また、甘えと片付けることなく、心の病と向き合うことも大切です。いつも、何もなかったのに、急に会社に行くのが怖くなったり、動悸が激しくなったりと急な変化がある場合は、心療内科や精神科で一度新型うつ病なのかどうか確認することも大切です。早め、早めの受診が新型うつ病で長期間悩まなくて済むのです。早く治療を始めた方が治るスピードは早いのです。また、職場でも新型うつ病の人に、それはただの甘えだ、怠けているだけだと言わないことが大切です。健康な人にはなかなか理解できないのが新型うつ病です。そのため、健康な人たちも新型うつ病を知ることが大切なのです。また、新型うつ病は、うつ病のように投薬での治療の効果はなかなか出にくく、カウンセリングや日常生活の改善、規則正しい生活をする、夜と朝逆転のない生活をするといったことで徐々に良くなるように治療を行なっていくのです。