新型うつ病で悩む人が急増【上手くいかない生活を劇的改善する治療】

喜ぶ

増加している病気

ハート

従来のうつ病とは違う症状

最近話題になっているのが新型うつ病です。これは今までのうつ病の定義には当てはまらないのが特徴です。例えば今までのうつ病なら仕事を休んでいる間も落ち込んだり、食欲がなくなったりといった症状があったのです。新型うつ病の場合は、休職中に海外旅行へ行ってしまったり、自分の趣味に没頭したりするのです。また従来のうつ病の特徴である自責感というのがなく、他罰的でトラブルを引き起こしやすいのです。これまでの沈鬱な悲しげなイメージとは違うのが、新型うつ病の特徴です。新型うつ病というのは便宜的につけられた病名で、明確な基準というのが曖昧です。一応、新型うつ病の典型的な特徴というのがあります。それは自分の好きな仕事や趣味の時には元気になるという点です。これは従来のうつ病では見られない症状です。また仕事を休職することについての罪悪感がなく、休職中の会社の手当などを申請したりします。一見、周囲の人には怠けているとしか思えないことがありますが、そうと決めつけるのではなく、優しく見守ることが必要です。

信頼関係を築くのが大事

新型うつ病になるケースで多いのは、不本意な仕事をやらされたり人事異動させられたりした場合です。そのストレスが影響して新型うつ病を発症するのです。周囲の対応策としては、ちょっとした言動にも注意をして、本人が何に傷ついているのか、何にストレスを感じているかなどを読み取る工夫をすることです。もし職場の仕事に不満があるなら、本人が希望する仕事をやらせるなどの工夫も必要です。人間関係のストレスが原因だとわかったら、それを解消してあげることも必要です。一番大切なことは本人との信頼関係を築くことです。本人を理解しようと務めれば、その気持ちは通じます。本人のプライドを傷つけるような言動は慎むことです。例えば、怠けているとかサボっているなどと責めないことです。また会話などにも気をつける必要があります。お説教したり、あれこれ指図したりすると反発しますので、今の状況を肯定的にとらえて接することが大事です。新型うつ病にかかる背景には社会的ストレス以外にも、育ってきた環境や本人の性格も影響している場合があるので、とにかく専門医の治療を受けさせることが一番大切なことです。